トップ > 代表理事挨拶

代表理事挨拶

代表理事挨拶

      
一般社団法人 日本運動施設建設業協会
代表理事 奥 洋彦

ごあいさつ

 1900年代の初期に運動施設建設が専門の「業」として分化して以来、我が国の発展とともに、様々な国際的なスポーツ大会が国内で開かれるようになりました。 

 1960年代を過ぎると欧米からスポーツ舗装材の最新技術がもたらされるようになり、以後我が国独自の改良を続けることによって、日本の運動施設の建設技術は向上してまいりました。

  私ども日本運動施設建設業協会は、全国で運動施設の建設や運営に携わっている企業や団体が発展的に統合し、昭和57年10月 全国組織の任意団体「日本運動施設建設業協会」として発足、平成20年12月に「一般社団法人 日本運動施設建設業協会」となって現在に至ります。

  全国各地に所在する会員各社は、都市公園内の運動施設の建設、運営マネジメントをはじめ、1964年東京オリンピック、二度にわたるIAAF世界陸上競技大会、毎年開かれる国民体育大会、FIFAサッカーワールドカップ、各種のプロスポーツ施設など、トップアスリートが活躍するフィールドから生涯スポーツの場となる多目的グラウンド、学校校庭、庭球場、相撲場、弓道場、馬場など、あらゆる運動施設の建設と維持管理に関わらせていただいております。

  平成17年には、運動施設建設における専門技能の保持と向上のため「運動施設施工技士制度」を創設し、平成22年3月には建設業法施行規則 第18条3の2規定により「登録運動施設基幹技能者」の講習実施団体として、国土交通大臣より登録されました。

  私どもは、運動施設建設に関する専門技術を活かし、地球環境に優しく、安全で快適な、品質の高い運動施設を建設することで社会に貢献して参ります。

運動公園
陸上競技場
球技場
学校体育施設
公園・プール
インドア・その他

都市緑化功労賞
優秀施工者顕彰
一般社団法人 日本運動施設建設業協会
東京都千代田区岩本町2-4-7小林ビル4階 TEL: 03-6683-8865